CS60 高松

四国香川県高松市でCS60の施術を受けてみませんか?

cs60と予感

どこかが優れない今の自分の身体と、
施術を受けた後の
「ひょっとして」や「なんとなく」など、
頭で判断するのではなく、
自分の身体が感じる60分前の自分との違い。

それは自分の身体・細胞を信じ始めた瞬間。
頭と身体の距離が近くなった瞬間。

「なんとなく良くなった気がするんです。」
と話される人は
その後、本当に急激に変わっていく。
自分の身体を信じているから、
当然なのかもしれません。

そんな方々は何かに依存しません。
テレビやインターネットの情報に左右されることなく、
自分で必要な情報を掴みにいきます。
もちろんcs60にも依存しない。

今の身体の状態を確認し、定期的にサビをとるなどして、
上手にcs60を利用している。
自分自身を信じているのだと思います。


予感から確信へ
健康ってとてもシンプルなもの。
不必要なものを身体に入れずに、
必要なものを身体に入れる。

何か入れる前にまずは出すことが先。
でも始めることより止めることの方が難しい。


ジャンクフード、糖質、お菓子、ジュース、たばこ、
薬、睡眠不足、人間関係、テレビ、ゲーム、SNS

「止められない」
その理由は、広告や依存性。
小麦に中毒性があるとはテレビでは教えてくれない。
個人の意思の問題ではない。

みんなに止められたら困るたくさん人々。
そこでご飯を食べているたくさんの人々。


そこから少しづつ距離をおけば、
本来の自分に近づき、自分への信頼感が増すはず。


しかしながら身体の不具合があったり精神的に優れない時は、
自分を信頼しづらいもの。

そんな時こそ、
「なんとなく」を体感してみませんか。
予感がいつか確信に変わります。

無料体験施術会のお知らせ

2019年2月21日(木)、2月27日(水)に
cs60高松ではcs60体験会を実施します。
時間枠はお一人20分ほど。
時間は9時から12時までです。

初めての方や経験済みの方まで、全ての方が対象です。

ぜひこの機会にcs60を体験ください。
先着順といたしますのでお早目にご予約ください。

 

予約方法:
予約フォームで受付いたします。
ご希望の日取り・時間をご連絡ください。
お電話でも結構です。

050-3593-5520

 

cs60とあなたの健康

世の中には実に様々な健康法がありますね。

 

水を2リットル飲め、飲み過ぎは水毒だ。
水素水だ。いや波動水だ。
食べ過ぎはよくない、断食だ。
歳をとったら肉をたくさん食べろ、いや食べるな。
ジョギングが良い、いやウォーキングだ。
玄米をたべろ、いや玄米には毒がある。
発芽させろ、そうじゃない発酵だ。

と、きりがありません。

 
何が正しいのでしょうか?
きっとどれも正しいのだと思います。
あなたに本当に必要で身体に合っていれさえすれば。

  
もちろん最先端の査などを利用するのもいいでしょう。
しかし、病院って聞くと虫酸が走る方もいる。
この方法で治したいって方もいる。
きっと、どの施術や食事でも改善するのだと思います。
ご自身の身体に合っていて、本当に自分に必要なことであれば。

 
「~ねばならない」
「~すべきだ」

 といった強制を自分自身に課すのは
健康には程遠いものだと思います。

 
健康って型にはまった答えがあるものではなく、個人によって異なるもの。
個人でも年齢や季節、その時の生活習慣や
共に暮らす人によっても変化して当然のもの。

 
片っ端から全て試せばあなたの健康法が見つかるはず?
でも、全部を試す根気や時間がない方は
住まいの近くでcs60を体験下さい。
きっと「あなたの健康」に近づけます。

cs60と予感

どこかが優れない今の自分の身体と、
施術を受けた後の
「ひょっとして」や「なんとなく」など、
頭で判断するのではなく、
自分の身体が感じる60分前の自分との違い。

それは自分の身体・細胞を信じ始めた瞬間。
頭と身体の距離が近くなった瞬間。

「なんとなく良くなった気がするんです。」
と話される人は
その後、本当に急激に変わっていく。
自分の身体を信じているから、
当然なのかもしれません。

そんな方々は何かに依存しません。
テレビやインターネットの情報に左右されることなく、
自分で必要な情報を掴みにいきます。
もちろんcs60にも依存しない。

今の身体の状態を確認し、定期的にサビをとるなどして、
上手にcs60を利用している。
自分自身を信じているのだと思います。


予感から確信へ
健康ってとてもシンプルなもの。
不必要なものを身体に入れずに、
必要なものを身体に入れる。

何か入れる前にまずは出すことが先。
でも始めることより止めることの方が難しい。


ジャンクフード、糖質、お菓子、ジュース、たばこ、
薬、睡眠不足、人間関係、テレビ、ゲーム、SNS

「止められない」
その理由は、広告や依存性。
小麦に中毒性があるとはテレビでは教えてくれない。
個人の意思の問題ではない。

みんなに止められたら困るたくさん人々。
そこでご飯を食べているたくさんの人々。


そこから少しづつ距離をおけば、
本来の自分に近づき、自分への信頼感が増すはず。


しかしながら身体の不具合があったり精神的に優れない時は、
自分を信頼しづらいもの。

そんな時こそ、
「なんとなく」を体感してみませんか。
予感がいつか確信に変わります。

cs60の施術回数

f:id:cs60abetoru:20180925135323j:plain

お客様に
「何回程度施術した方が良いですか?」

「どれくらいの頻度で施術を受けた方が良いですか?」

などと尋ねられる事があります。
僕はまず3回は施術される事をお勧めしています。
間隔は3日から1週間程で。


初回の反応は
年齢、薬の使用度、生活習慣、普段の食事などで、
体内の変化はかなり個人差があります。

初回で、劇的に不具合箇所がクリアになる方は

普段から、食事を含めた生活習慣が整っている方です。
初回で身体の奥底の迷走電気や老廃物を吸い取りきれない方も、
2度、3度と施術を受けることにより、
電気が抜けやすい身体に変化していきますので、
変化を期待できます。

まずは3回。

その後は、各人と相談させて頂いております。
月に1回の方から、季節の変化ごとの方。
悪い箇所ができた時など。
 
体内のサビは生活とともに蓄積していきますので、
ここでも生活習慣が大切な要素となります。
 
サビ=老化
 
ですので、サビ取りに施術を受けに来られる方も多いです。

人の数だけあるcs60との距離感。
あなたの距離感を探してください。

アトピーとcs60

f:id:cs60abetoru:20180724084249j:plain

油抜きの食事一例

 

cs60高松ではアトピー性皮膚炎改善をご希望の方へは

1ヶ月程度、合成界面活性剤を制限をお願いしております。

これは開発者の西村先生の指示に従った上でのお願いです。

 

合成界面活性剤を利用している間は、

cs60施術のアトピー性皮膚炎への効果がかなり制限されてしまいます。

 

合成界面活性剤は、

現在の日本には隅々まで浸透しており、

かなり意識しないと取り除くことは難しいと思います。

 

クレンジング剤や乳液、クリーム、シャンプー、リンス、

食器洗い洗剤や洗濯用洗剤、そして農薬にも含まれています。

パッケージの全成分表示を見ると、

界面活性剤を使っているかどうか確かめることができますので、

購入時にご確認されるといいと思います。

 

皮膚の細胞は28日周期で入れ替わるといわれていますので、

最低1ヶ月お試しいただいてから、

cs60の施術を受けられるのがオススメです。

 

 

もちろんアトピー性皮膚炎の原因は複雑で、個人差もございます。

合成界面活性剤を取り除くだけで解決できる問題ではないかもしれません。

例えば植物油。

 

油は種類が沢山あります。

現在の日本で一般的なのは、

オメガ6の紅花油・コーン油などの安価な油で、

日本ではこの油を取りすぎなんですよね。

 

それに対して身体に有益な

青魚に含まれるオメガ3のオイル。

亜麻仁油・えごま油などにも含まれるこの油の摂取は徹底的に不足しています。

 

 

我が家の子供達は

母のお腹にいる時から現在まで、

合成界面活性剤、農薬、食品添加物などを

除去した生活を送っておりますが、

それも3人中2人がアトピーになりました。

 

なんとかしてあげたいと思い、

油を断てばアトピーに効果があるとの

山田 豊文さんの本を読んで

数年年前に家族全員で実践したことがあります。

 

まずは2週間油を一切とらない食事を作りました。

(オメガ3は摂取しました。)

 

学校給食は普通に食べてもらい、

朝・晩ご飯を油抜きに。(写真のような食事が2週間!)

すると、

 

確かに効果がありました。

子供の肌は劇的に変化しました。

でも、それを続けるのは難しい。(写真のような食事が2週間ですもの!)

飽きちゃいますものね。

それに油がないと身体がカサカサになる気がします。

 

 

その時はcs60が手元になかったので、

が今思うととても悔しい!

油を抜きつつ、cs60の施術は子供達にとって、

僕自身の体験として相当効くと思います。

 

 

大人の場合はまず、

身体に入れるものをストップした上で、

不要な物質をcs60で抜き去りましょう。

思いがけない効果がありますよ。